日常会話 英語学習

What's your name? は失礼に聞こえる。シチュエーション別名前の聞き方の例7選

英語学習の初期に習うこの What's your name? というフレーズ、

実はネイティブはほとんど使いません。

衝撃的な事実ですよね。文法的には正しいけれど、実際に使われないのには理由があるので

それと合わせて嫌な印象を与えない名前の聞き方を紹介していきます。

What's your name?

どうして使われないの?

このすごくシンプルな英語表現、英語学習の初めの頃に習いましたよね。

名前の聞き方はこれ!と頭にインプットして、こればかり使っている方も

多いと思いますが実はこれ 失礼に聞こえる 名前の聞き方なんです。

What's your name? を簡単に訳すと 「君のなまえは?」となります。

よく考えてみて下さい。日本語で普段会話していて初対面の人に

「君の名前は?」なんてあまり言いませんよね。もし初めてあった人に

「こんにちわ。」の挨拶の後に急に「君、名前は?」なんて聞かれたら

あれ?何か悪いことしたかな? この人誰だ? 職務質問!?

と思うのがほとんどの人の反応だと思います。

「君、名前は?」「What's your name?」この表現が相手に与える不快感は

日本語でも英語でも相手に同じなのでまずはそれを理解してください。

What's your name? は相手に不快感を与える聞き方。

もちろんネイティブがこの表現を一切使わないわけではなくて

警察官や入国管理官に名前を聞かれるときは What's your name? と

いう風に聞かれることが多いです。つまりこの表現は日常会話

社交の場では使われないということですね。

例外的に使う場合

もちろん日常の会話の中でも What's your name? を使う時があります。

前に会ったけれど名前が思い出せない時などに

What is your name? の iswas に変えて What was your name? という

過去形にすることによって「名前はなんでしたっけ?」っと

相手に聞くことができます。最後に Again を足して What was your name again?

というと 前に名前を聞いたのは覚えてるけど忘れたから教えて?

という風に伝わるのでなお良いですね。

(ゆっくりと)I'm sorry. What was your name again?

すみませんが、名前はなんでしたっけ?

というように表現すると相手に不快感を与えずに改めて名前を聞くことができます。

はじめに I'm sorry. と入れるのを忘れずに!

色々な名前の聞き方。

What was your name? 以外でどんな風に名前を聞けばいいのか

わからない方のためにシチュエーションに合わせた名前の聞き方を紹介します。

どこでも使える聞き方

まずはどんな相手にも失礼に聞こえない

日常会話でもビジネスシーンでも使える相手の名前の聞き方から。

I'm (自分の名前). And you are....?

私は~~と申します。あなたのお名前は・・・?

ほとんどの場合この聞き方で大丈夫です。日本でもそうですが、

当たり前のマナーとしてまずは自分の名前を名乗ることが重要。

「こんにちわ、私は田中と申します。あなたのお名前は・・・・?」

と聞かれるのと「こんにちわ、あなたのお名前は・・・?」と

いう風に聞かれるのではずいぶんと印象が変わりますよね。

ちなみに自分の名前を名乗るときは My name is ~~. よりも

I'm ~~. と言った方が固く聞こえず自然な感じがします。。

カジュアルな聞き方

パーティーなどのカジュアルな場面で初対面の人に名前を聞く場合と

誰かにもう一度名前を聞く場合にわけて紹介しますね。

Hi, I'm (自分の名前). And you are...?

やあ、私・僕は~~。君は?

Hi, I'm (自分の名前). Can I ask your name?

やあ、私・僕は~~。名前教えてくれる?

上の2つの表現は初対面の時に使えます。どちらもかなりカジュアルな

感じなので使うシチュエーションに気を付けて下さいね。

個人的な意見ですが下の表現は少しナンパっぽい感じがします笑

I'm sorry. You are...?

すみませんが、お名前は・・・?

Now you are...?

えっとたしかお名前は・・・?

上の2つは名前を改めて聞きたい時につかえる表現です。

下の Now you are..? はとてもカジュアルな表現なので目上の人には

控えた方がいい表現法です。気を付けてくださいね。自分から話しかけて会話の

初めで上の2つの表現を使い名前を聞くのはすごく変な感じがするので

Hi! How are you? I think I met you before at 場所. やあ、元気?前に会ったことあるよね?

などから会話をはじめて会話が盛り上がってきたところで I'm sorry but what was your name again?

と改めて相手の名前を聞けるとスマートですね。

ビジネスなどで使える表現

日常会話では使われないビジネスや電話対応などで使える

名前の聞き方も覚えておきましょう。

May I ask your name, please?

お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか?

Could I have your name?

お名前を教えていただけますか?

1つ目の表現 May I ask your name, please? は電話の取次ぎや受付で

相手の名前をはっきりと尋ねたい場合に使われるフレーズです。

なので May I ask your name, please? と聞かれたらはっきりとフルネームで

答えるのが適切な対応ですね。2つ目の表現 Could I have your name?

受付や名簿作成をする場合などビジネスシーンで使われる表現です。

丁寧な表現ですがパーティーなど仕事以外の場で会った人に

使うと少し違和感があるので気をつけて下さい。

おまけ・インド英語の丁寧な名前の聞き方

この表現を聞くことはインド以外ではほぼないですし、ほとんどの人は

知る必要がないとは思いますが、おもしろいので豆知識として紹介しますね。

インドでは顧客などに名前を聞きたい時は相手の名まえ、つまり Name の部分に

良いという意味の Good を付けて尊敬の意を表します。

May I have your "Good" name, Please?

あなたの御尊名をおうかがいしてもよろしいでしょうか?

Good name=御尊名(意訳)なんだかものすごく堅苦しい表現ですが

こんなふうに聞かれても驚かず普通に自分の名前を答えて下さいね。

私ははじめてこの聞き方をされたときすごく戸惑いました!

Good name!?!? 名前は良いも悪いも一つしかないんだけど・・・って笑

名前の聞き方まとめ

今回はネイティブが実際に使う名前の聞き方をシチュエーション別に

色々紹介しました。この記事で紹介されている表現法を覚えて

今後は What was your name? ではなく他の表現を使ってみて下さい。

まとめ

初対面の人には;I'm (自分の名前). And you are....?

もう一度名前を聞きたい時は;I'm sorry. What was your name again?

実際にネイティブが使う表現を使いナチュラルな英語が話せるようになりましょう!

-日常会話, 英語学習
-, ,

Copyright© フクサキENGLISH , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.