日常会話

パードン?Pardon? は失礼な聞き返しの方。英語の正しい聞き返し方・例文

中学校で習う Pardon? パードン? という英語での聞き返し方。

私が中学生の頃はキャッチャーな響きからか、クラスで流行りました。

だけど実はこれ場合によるとネイティブには失礼に聞こえる聞き返し方なんです。

この記事では、なぜ Pardon? が失礼に聞こえるのかと、代用できる聞き返し方の紹介をします。

Pardon? 発音・正しい意味・使い方

Pardon? の由来。

Pardon「パードン(Par・don)」pάɚdn(米国英語)pάːdn(英国英語)

は 許し・容赦・勘弁・恩恵 という意味の単語で動詞や名詞として使われます。

中学校で習う ”Pardon?" という聞き返し方は実は あなたの許しを乞います。

という意味の ”I beg your pardon?” というフレーズの短縮形で、その意味が転じて

「聞き取れませんでした。もう一度言って下さい。」の意で使われるようになったものです。

こうして日本語に訳してみるとすごく丁寧な表現に聞こえますが

この表現はネイティブには「なんですと?(勘違いしているんじゃない?)」

というようなニュアンスに聞こえます。

なぜ Pardon? は失礼に聞こえるのか。

先に説明した Pardon. の省略される前の形、I beg your pardon?には

「もう一度おっしゃって下さい。」という意味を持つと同時に

「なにか勘違いしておられるのでは?」と相手の間違いを指摘する意味が含まれています。

なので Pardon? や I beg your pardon? は単純に聞き取れなかったから聞き返している

というよりも「もう一度言ってみて?(何か勘違いしてるでしょ・本気で言ってるの?)」

という風なニュアンスにネイティブには感じ取られてしまいます。

 

もちろん、上に説明したニュアンスを理解したうえでシチュエーションに

合わせて使うには問題ないフレーズですが(言い方を間違えると喧嘩になります。)

単純に聞き取れなかったときに Pardon? と言ってしまうと相手に勘違い

されてしまうので、以下で他の聞き返し方をいくつか紹介します。

英語での聞き返し方

Sorry?

ごめんなさい。という意味の Sorry. も語尾を上げて疑問形にすることで

簡単に相手が何を言ったのか聞き返すことができます。カジュアルな聞き返し方ですが

Sorry. 自体が謝罪の意味を持っているので、相手は悪くないのだけど

聞き取ることができなかった。ごめんもう一度言って?というようなニュアンスで

伝わるのでこれを言われて不快に思う人はいません。 

I'm sorry, what did you say?

先ほど紹介した Sorry? を長くしたバージョンですね。

ごめんなさい、なんとおっしゃいましたか? と素直に聞き取れなかったことを

謝り何と言ったのか聞いているのでとても丁寧な表現です。

フォーマルな場面でも使えるスマートな聞き返し方です。

単語が聞き取れなかった時・相手の英語が理解できなかった時ではなく

何かに気を取られていて聞き逃してしまった時などで使うのが適切ですね。

Could you say that again for me?

Can を過去形の Could にし丁寧語に直した後にフレーズの最後に For me? も

付けているので丁寧な聞き返し方です。For me? を付けることによって

あなたのせいではなく私が聞き取れなかったので というようなニュアンスに

なるので聞き返される相手にも不快感を与えません。

相手の英語が理解できなかった時にも使えるフレーズですね。

Come again?

このフレーズは「また来て。」という意味ではなく「もう一度言って。」

という意味で使われます。カジュアルな表現なので友達や家族間で

聞き返す時に使えますね。フォーマルな場面での利用は控えましょう。

Sorry, I didn't catch that.

Catch 「キャッチ(Catch)」kˈætʃ(米国英語) は

捕らえる・つかまえる・動いているものを瞬時にとらえる

なの意味がある動詞ですね。この Sorry, I didn't catch that. の Catch は

「はっきりと聞き取る。」「理解する」という意味になります。

耳があなたの言ってることを捉えられなかった というようなニュアンスなので

これを言うと相手はわかりやすく、はっきりと言い直してくれるでしょう。

使ってはいけない聞き返し方

One more time, please.

英会話初心者の方、相手の言っていることが聞き取れない時に

これ言ってしまってませんか?One more time, please. は先生が生徒に

「もう一回言ってみて。」と言う時に使うようなフレーズなので

とても失礼に聞こえます。使わないようにしてくださいね。

Please repeat that. / Please say it again.

「もう一度言ってみて。」「繰り返し言ってみて。」という

同じような意味の2つのフレーズ、One more time, please. よりは少しマシな

感じがしますがこの2つの言い方、どちらとも先生が生徒に言うような

言い方ですごく失礼です。使わないようにしましょう。

同じような言い方をしたいのであれば Can you say it again for me? I couldn't catch that.

などというと丁寧に聞こえます。

英語での聞き返し方まとめ。

今回の記事ではなぜ Pardon? を使わない方がいいのかと

他に代用できる聞き返し方、またその他の使わない方がいい

聞き返し方をいくつか紹介しました。短いフレーズは言いやすくて使ってしまいがちですが、

英語も日本語と同じように丁寧語になればなるほど文が長くなるので

短い言い回しはカジュアルすぎて失礼になる可能性が高いことを覚えておきましょう。

まとめ

Sorry?;ごめんもう一度言って?

I'm sorry, what did you say?;なんとおっしゃいましたか?

Could you say that again for me?;もう一度言っていただけますか?

Come again?;もう一度言って?

Sorry, I didn't catch that.;ごめん聞き取れなかった。

場合によっては失礼な聞き返し方

Pardon? I beg your pardon?

「なにか勘違いしてるんじゃないの?」

One more time, please. Please repeat that.  Please say it again.

(上記すべて)先生が生徒に言うような言い方。

-日常会話
-, ,

Copyright© フクサキENGLISH , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.