日常会話 海外生活

体調不良を英語で伝えよう【ケガや病気の時の英会話③】

この記事では英語で体調不良だと伝える時に役立つフレーズや単語を紹介しています。

筆者は海外生活を始めたばかりの頃、英語が話せないせいで体調不良になるたびに本当に心細い思いをしました。

体調不良を訴え助けを求めることができないと部屋で一人耐えるしかなくなるので、この記事で紹介する基本的な表現法をマスターして旅行や留学に備えて下さい。

薬の買い方や買う場所についての英語表現を【ケガや病気の時の英会話②】で紹介しているので、そちらと合わせて読んで下さい。

気分を表す

Feel・Feeling

体が全体的にけだるい・気分がよくない・調子が良くない という時は I feel / I'm feeling ~~ と表現します。

以前から気分が良くない状態だったと言いたい時は現在完了進行形の文 I have been feeling ~~ since 日付(いつからか)もしくは for 期間. を使って表すことができます。

~~の部分に入れることのできる単語は

Well;良い Not well;良くない Sick;悪い・病気の Dizzy;目眩がする・くらくらする

Tired;疲れている Exhausted;疲れ果てている Nausea;吐き気

など色々なものがあります。例文を見ていきましょう

I have been feeling not very well for last 3 days.

ここ3日間(ずっと)あまり体調が良くないんだ。

I feel exhausted, it was a tough day at work.

今日は仕事が大変だったからもうクタクタだよ。

I have been feeling dizzy since this morning.

今朝から(ずっと)目眩がする。

体調不良を表すイディオムに Under the weather というものがあります。1800年代、当時まだ主流であった船旅時に船乗りが天候(悪い)によって船酔いし気分が悪くなったことからできた言い回しです。

I feel under the weather. 体調がよくない。

(I am under the weather. でも可)

回復してきた

体調が回復してきたと言いたい時にも Feel を使った表現が役に立ちます。(ちなみに失恋から立ち直った、などの気持ち的な回復も同じく Feel を使い表現します。)

I'm feeling better now.

気分が良くなりました。

How are you feeling?

気分はいかがですか?

How are you? と How are you feeling? は同じように聞こえますが、前者は挨拶として使われるので、体調について必ず答える必要はありません。

それに比べ後者は体調や気分についてピンポイントで質問しています。ちなみに、このフレーズを使う時は質問する相手に何かあったことを事前に把握している場合がほとんどです。

Hey Lisa! I've heard that you've been sick for a few days. How are you feeling? Are you fine now?

やあリサ!君が数日間体調を崩してたって聞いたよ。気分はどう?もう大丈夫なの?

詳しく体調を伝える

Have

明確にどう体調が悪いのか相手に伝える時には Have (持っている)もしくは Have got(持っている・Get の現在完了形)という単語が使えます。

Have / Got の後に自分の体の症状を足して詳しい状況を相手に伝えることができます。

I have/Got got a running nose.

鼻水が垂れてきます。

I have/Got a fever.

熱があります。

その他の I have / got ~~の表現に使える単語の例は以下の通りです。

Headache;頭痛 Stomachache;腹痛 Backache;背中の痛み

Tooth-ache;歯の痛み Stuffy nose;鼻詰まり Sore throat;のどの痛み

などなど色々あります。

Caught

 Catch/Caught(捕まえる)という単語も上の Have と同じく頻繁に使われます。Have / Got は「もう既に風邪の状態にある」ことを表しているのに対して、Catch / Caught は「風邪にかかる」という動作そのものを表します。

日本語に直すと少し変な感じがしますが、風邪菌・ウイルスなどを 捕まえる から Catch / Caught が使われるんですね。

長期間体調が悪い場合を除いてはこの表現を使いましょう。

痛みを表す

痛みが体の一部にある場合は I have a pain on/in 体の部位. で表現できます。

In は体の内部に痛みがある場合、On は体の表面に痛みがある場合に使います。

またケガの種類は

Scratch;かすり傷 Injury;ケガ(比較的フォーマルな言い方)

Wound;傷 Fracture;骨折・捻挫 (もしくは Breaking born)

Burn + 部位;やけど

痛みに関する英語表現に関しては【ケガや体調不良の時の英会話①】にもう少し詳しく紹介しているので、是非合わせて読んで下さい。

まとめ

この記事では体調不良を英語で伝える方法について紹介しました。

留学先や旅行中での急な体調不良に備えて使えるフレーズを覚えておきましょう。

まとめ

Feel / Feeling + 体調

Well(良い)Not well(良くない)Sick(病気)Dizzy(目眩)

Have + 症状

Headache(頭痛)Stomachache(腹痛)Sore-throat(のどの痛み)

Have はもう既に症状を持っている状態、Catch/Caught はその状態になることを表す。

(例)I have a cold.=私は風邪だ。
I caught a cold.=風邪をひいてしまった。

I have pain on/in + 体の部位

で体のどこに痛みがあるか伝えられる。

 

 

-日常会話, 海外生活
-, ,

Copyright© フクサキENGLISH , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.