やさしい英文法

副詞と形容詞の違い。種類。正しい使い分けの方法を例文で解説。

Famous Beautiful Nicely Continuous Bad Perfectly

上の単語は形容詞と副詞が入り混じってますが、どれがどれだかわかりますか?

英語を学び始めると形容詞と副詞の見分け方使い方の壁にぶつかる人が多いと思うので、この記事ではこの2つの品詞の使い分けについて解説します。

形容詞

いつ・どこで使うのか

形容詞は 名詞を修飾する 品詞です。

もうすこし詳しく説明すると、モノ・人(名詞)の状態や様子を表す為に使われるのが形容詞です。なので形容詞は常に名詞の前後で使われると覚えておきましょう。

形容詞には色々な種類がありますげ、その代表的なものは

  • 見た目について説明する(色や大きさ、形)
    Big, Small, White, Red
  • 個人の感想
    Beautiful, Wonderful

  • One, Many, All
  • 所属
    Japanese, American
  • 性質
    Soft, Hard, Positive, Negative

などなど。形容詞を使って色や形・大きさ・古さ・新しさ・所属 など多くの情報を名詞に足すことができます。

今回の記事では副詞と形容詞の違いがメイントピックなので、形容詞の種類と使い方ルールに関しては次の記事でもう少し詳しく解説しますね。

見分け方

形容詞には色々な種類がありますが、そのスペル、とくに語尾には共通しているものも多いので紹介しますね。

また各語尾は「接尾辞(せつびじ)」、英語では Suffix と呼ばれるもので単語の一部ではありますがそれ自体にも意味が含まれています。

接尾辞を覚えると初めて見た単語でもなんとなく意味やニュアンスがわかることが多く、英語学習にすごく便利ですよ!

語尾
-able, -ible(~をすることができる・価値がある) Possible, Capable, Remarkable
-al, -ial-ical(何かと関連する) Financial, educational, Historical
-ful(~に満ちた) Beautiful, Peaceful, Respectful
-ic(~的) Authentic, Graphic
-ive(~の性質の) Attractive, Supportive, Sensitive
-less(少ない・足りない・なしで) Careless, Worthless, Useless
-ous, -ose(~の多い) Nervous, Poisonous, Dangerous
-ish(起源・やや・のようだ)
にた接尾辞に -like がある
Foolish, Childish
-ant, -ent(性質の) Important, Independent
-ing(~している状態の)現在分詞 Waling, Dancing
-ed(~な状態の)過去分詞 Used, Tired

上で紹介したのはあくまでも形容詞の語尾の一部にすぎないので例外はもちろんありますが、多くの単語は上に紹介したパターンに当てはまると思うので是非、語尾のパターンとその意味をセットで覚えて下さい。

 

リストの最後の2つは動詞の 現在分詞(現在進行形と同じ) と 過去分詞 です。

この2つが形容詞として機能している例文を見てみましょう。

Please put used paper into the bin.

使用済みの紙はこちらのゴミ箱へお入れください。

Pour the boiling water into a mag for making tea.

紅茶を作るのにマグカップに沸騰したお湯を注ぐ。

Do you know the girl readying a book there?

あそこで本を読んでいる女の子を知っている?

形容詞としての現在分詞(-ing) の使い方のコツは、説明が短い時は名詞の前に・説明が長い時は名詞の後に置くことです。

副詞

いつ・どこで使うのか

副詞は 動詞・もしくは文の全体 を修飾する品詞です。

副詞は文頭、文中、文尾どこでも使えますが置く場所によって修飾する先が 動詞 なのか 文の全体 なのかが変わるので注意して下さい。

例外もありますが基本的には 動詞の前後にある時は動詞を、文頭にある場合は文の全体を修飾している ので英語から日本語に訳す時はそれを意識してみて下さい。

I accidentally dropped my phone.

携帯を落としてしまった。

They lived happily ever after.

彼らは末永く幸せに過ごしました。

Unfortunately, we couldn't go to Paris because our flight was cancelled.

不幸なことに飛行機がキャンセルされたせいで私たちはパリに行けなかった。

見分け方

副詞の見分け方は形容詞と比べるととても簡単です!(^^)!

まずは頻繁に使われる副詞の例を見てみましょう。

Happily(幸福に), Nicely(りっぱに), Surprisingly(驚くことに)

Unfortunately(残念なことに), Suddenly(突然), Accidentally(偶然に)

全ての単語が -ly で終わっているのに気づきましたか?

もちろん形容詞でも -ly で終わる単語はありますが、-ly で終わる単語のほとんどは副詞だと思って大丈夫です。

一応例外的に -ly で終わる形容詞を少しだけ紹介します。

Friendly, Lovely, Costly
それから Daily, Monthly, Yearly などの 日・月・年 + -ly の形を取る単語も形容詞です。

 

形容詞と副詞のまとめ

この記事では英語学習初心者の方に向けて形容詞と副詞の違いについて解説しました。

まとめ

形容詞は 名詞を修飾する

形容詞は 見た目に関する説明・個人の感想・個数・所属・性質 などの情報を名詞に足す品詞です。

形容詞の見分け方は 接尾辞 に注目。見分け方を確認する

副詞は 動詞もしくは文の全体を修飾する

副詞は 文頭、文中、文尾 のどこでも使え、語尾は基本的に -ly で終わる。

-やさしい英文法
-,

Copyright© フクサキENGLISH , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.